化粧箱にはどんな必要性があるのか

  • 化粧箱の特徴や主な役割

    • 化粧箱はパッケージ・貼り箱・紙器とも言われるもので、中の商品を包装・保護・梱包するための紙製の箱です。


      クリアな発色で詳細に印刷も出来るため、外装やギフト用で多く使われてますし軽量で折り畳むことが可能なので配送・保管がしやすいのが特徴です。素材は美粧性に優れた白板紙や緩衝性の高い合紙のどちらかで、印刷面にフィルムやニスなどを加工すると色落ち防止・視覚効果も付けられます。

      化粧箱の人気度が上昇しています。

      化粧箱の主な役割は商品の保護・数を数えるのを簡単にすること・配送や収納性を高める・ブランドのイメージを作る、商品の情報を伝えることです。


      独自のデザインを印刷することで購買意欲を高めるような商品説明なども記載します。
      化粧箱の形状にはいくつかありますが、中でもキャラメル箱は筒状の胴体に差し込み式の蓋が上下2ヶ所へ就いていて一般的なものです。



      元々キャラメル用のパッケージで使っていたためにこの名前で呼ばれるようになって、比較的安価に作れること・組み立てが簡単ですが重量がある商品には向いてません。


      地獄箱(底組み箱)は筒状の胴体に四方から組み立てる底面、差し込み式の蓋が付いたもので、キャラメル箱より組み立てに手間がかかりますが安定性や底面が強いです。
      ただ、底面の中央分に荷重がかかる商品には不向きで、これも割と安価に作れるのがメリットです。



      ワンタッチ底箱は底面の2ヶ所を糊付けして箱を起こすと同時に底が組み立てられて、強度も高く作業効率が良いので大量生産が必要な業務用でよく使います。


      手間がかかりませんが、製造コストが高いことと作れるサイズに制限もあります。